『書と占い』

書家・占い師 の視点でみえた日常のあれこれ

運命線と自己卑下

手のひらの下部、手首近くから中指の付け根にかけて伸びる線を

「運命線」と言います。

tesou-2014migi

こんな風にわかりやすく入っている人は少ないですが、

イメージとしてはこんな感じです。

運命線は仕事運を観るのに参考にしたり、

あとは、自分に対する満足度を観るのに参考にしたりするのですが、

最近、運命線についていろいろと考えさせられています。

一般的には、運命線はしっかりとあった方が良いとされているのですが、

そう簡単な見方ができない場合も少なくありません。

運命線が薄いからといって、問題にもならない方もいらっしゃいます。

薄い運命線にもいろいろな理由があって、大きく分けて

・現状に満足している(欲がない・生まれながらのお金持ち)

・神の判断を基準に日常を送っている(謙虚含む)

・自分に厳しすぎる

の、三つでしょうか。

どのパターンなのかは、他の線を見ながら観ていくのですが

いちばん多いパターンが「自分に厳しすぎる」タイプです。

周りも認めてくれているし、それなりにやったことは形になっている、

それなのに、自分だけが自分を認められない。

逆に言えば、

あとは自分で自分に「よくやっているじゃん!」と言うだけで

その方はバランスの良い手相に変わり、運気も上昇していくわけです。

易の八卦に「坤(こん)」というものがあります。

母なる大地の「地」を表すもので、受け身の強さなど意味します。

そういえば、「地」って

「生まれつきの性格」や「本性」といった意味もありますね。

自分を受け入れることが最大の強さ…なのかもしれません。

今、書きながらそう思いました。

 

高天麗舟