書と占い「運」

書家・占い師 高天麗舟 が日常から考える「運」のあれこれ

素直さが運を左右する

ここ一年くらいゆっくり本を読むことをしていなかったので、 今月に入って空いた時間のほとんどを読書に費やしていました。 といっても、四柱推命の本ですが♪

四柱推命の名著“滴天髄(てきてんずい)”の最も重要な部分を 来年の書の作品にしようと決めたので、その和訳を読んでいます。

tekitenzui

これがね、カッコイイの。(笑) その中の一文。

載天履地人為貴 順則吉兮凶則悖

なんじゃこりゃって思いますよね?手元の本によると、

この世の中では人間が一番に貴いものですが、その吉凶は、 命式が素直であれば吉く、その逆の素直でなければ凶いのです。

だそうで、「人間が一番に貴い」という部分には疑問が残りますが、 常々、素直でないと運は開かないなぁ~と思っていたところ、 あの滴天髄にも、そう書いてあったので感激してしまいました。

つまらない意地を張って、忠告を無視したり、 何でも穿った見方ばかりしていたり(してしまいますが。笑)、 これでは人が離れて当然です。 運を運んでくるのは結局「人」なので、これではどうにもなりません。

いや、しかし。 四柱推命というのは、生まれた瞬間に決まってしまうものです。

「じゃ~オレなんか、一生“凶”かもなぁ~」ということではなく、 例えば、今日(10/14)の23:00に東京で生まれた赤ちゃんの命式は、

甲癸丙乙 子亥戌未

でありまして、この漢字八字で生まれ持った性質を読みとるわけです。

たまたまこの例は、激しい相剋もなく、素直なタイプでしたが、 この時点で、みずから葛藤を生み出しがちな性質だなぁ~などと 想像できる場合もあるわけです。

でも、その人が葛藤の間にあるものに気づいて、 リラックスした生き方になれば、その後の運も変わりますし、 その前に。家庭環境や、巡ってくる運によっても色々変わってきます。

ただ、生まれながらに素直な命式の方と比較してしまうと、 そこに行きつくまでの時間や労力を要してしまうのは否めません。

ちなみに。 偏った命式の場合は、その偏りを強みに生きると順調に向かいます。

ということで、生まれ持ったものを観るのが四柱推命なのですが、 では、後からつけられる「名前」というのはどうなるのだろう?? と思いますよね。

実は、私が勉強している泰煌式生命法という姓名判断も、 「素直さ(精神バランス)」から観ていきます。

姓名判断といえば画数という印象をお持ちでしょうが、 その吉数・凶数においても、「素直さ」があれば凶作用は和らぎます。

その反対に、どんなに良い画数でも「素直さ」がなければ 行くところに行けない状態で止まる可能性が高いです。

四柱推命で生まれ持った運が多少傾いていても、名前が素直であれば 人に可愛がられ、運びが上手くいく可能性は高くなる… ということになります。

いずれにしても、素直さは開運への近道と言えそうです。

 

高天麗舟