書と占い「運」

書家・占い師 高天麗舟 が日常から考える「運」のあれこれ

利用じゃなくて。

娘の障害を公表した菊池桃子に西川史子が「利用している」と噛みつく

という話題が昨年末あたりにあったのを、今日ふと思い出しました。

芸能人でもない私でさえ、娘の障害の話をすると

これと似た言い方をしてくる人に出会います。

けっこう近いところにもいるんですよ、こういう人。

毎度思うことですが、

こういう捉え方をする人というのは、その人自身が

機会さえあれば何か利用しようとしている人なんだろうなぁ~

ということです。

「何かを利用する」人に育てられたのかもしれないし、

「何かを利用する」友達に囲まれてるのかもしれないし、

とにかく、その人にとって

「何かを利用する」発想の方が、身近で自然なのでしょう。

ものごとって、その人その人の経験や環境の中で捉えるものです。

だから様々な捉え方があっても当然なわけで。

でも、こういう発想する人って幸せなのかな?(笑)

 

高天麗舟