書と占い「運」

書家・占い師 高天麗舟 が日常から考える「運」のあれこれ

「気づけるか?」と「意識」

昨日の日曜日は、渋谷にあるアコースティックバー七面鳥にて

「魔女の館@七面鳥」というイベントに出展しておりました。

13:00オープンだったのですが、気がつけば19:30!!

手相と四柱推命、両方の鑑定を受けてくださったり、

去年お越しくださった方がまたいらしてくださったり、

また、一緒に易のお勉強をしているお友達が駆けつけてくださったりと、

本当に多くの方にお越しいただけました。

みなさま、本当にありがとうございました!!

先日、このイベントに声を掛けてくださった

占いサロン ウィズ冨永浩美先生のサロンにお邪魔したのですが

その時に、こんな面白いことを教えてくださいました。

引き寄せの法則」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、

その訓練があるのだそうです。

例えば、「赤い車」と「赤い猫」といったように、

あまり見かけないものを決めて、

それをいかに早くみつけるか、ゲーム感覚で日常で探すのです。

その話を聞いた翌日、さっそく「青い車」と「青い犬」で試してみました。

その日は出会うことができなかったのですが、その翌日!

首都高を走っていると、前の車が青。隣の車も青!

帰りは、前と両隣が青い車で、青い車に囲まれながら帰宅しました。(笑)

「青い犬」は、更にその二日後、娘と一緒に子供番組をみていたその時!

突然現れました。

青は達成したので、今度は「黄緑の車」でチャレンジしました。

すると、我が家の近所の駐車場に黄緑色の車が停めてあるのを発見!

「あれ?ここ、毎日通る道なのに…」

翌日も駐車場を見ると、やっぱりその黄緑色の車は停まっていました。

「あぁ~、意識していなかっただけなのか。」

見つけたいものは意外と身近にあるものなのかもしれません。

強く意識していないだけだったり、

既にあるのに気づけないだけなのかもしれない、

このゲームのような訓練で、そんな風に思いました。

でも、このゲームをするようになって、

確かに私の「引き寄せ力」は上がっているんです。

ちなみに「赤い猫」ですが、

冨永先生は電車の中で目の前に座った小学生の荷物に

ジバニャン

妖怪ウォッチのジバニャンがくっついているのを見つけたそうです。(笑)

 

高天麗舟