『書と占い』

書家・占い師 の視点でみえた日常のあれこれ

モヤがかかったような手相

タイトルの通り、「モヤがかかったような手相」をした方が
ときどきいらっしゃいます。

どういう状態なのかというと、薄く細かい線が無数にあって、
基本の四大線(生命線・知能線・感情線・運命線)が
目立たなくなっているような状態です。

細かい線が多い方というのは、
非常にデリケートで、周囲の言葉や周囲の人の顔色が気になって、
あまり自分自身を表現するのが得意ではありません。

これに基本の四大線もおとなしい雰囲気であれば、
大きな問題はありません。

が、そのモヤの奥にうっすらマスカケが見えていたり、
知能線と生命線の出発点が1cm近くも離れていたりすると
(かなり大胆なタイプとなります)
ちょいと本人も自分の扱いが難しくなってくるようです。

こういった方の場合は、
「自分は、本当はどうしたいのか?」
を掘り下げて考えていくと良いです。

周囲の意見ではなくて、自分の意志はどうなのか?

掘り下げて掘り下げて底に沈んでいた思いというのが、
真の思いです。

マスカケや離れ型の発想というのは、もともとカッ飛んでいるので
周囲に理解されづらいところがあります。

たとえ周囲に理解されなくても、思いを通す!

・そのくらいの意志でぶつかっていくこと
・アレコレ考えている間に動いてみること

そうやっていくうちに、
モヤに隠れていた「良さ」がどんどんとあらわれていきます。

せっかくの良いところを隠したままにしておかないでね♪