『書と占い』

書家・占い師 の視点でみえた日常のあれこれ

禅の実践

「占い」という学問を通して、
的中率を上げていくことはとても大事なことです。

また、当てるだけではダメで、
「どういう言葉に乗せて伝えるか?」
実はここが一番大事だったりします。

純粋に生きている人の直観・直感は
時に占い以上のチカラを発揮し、
しかも説得力もそこらの占い師以上だったりします。

すべて「人柄」によるところです。

前回のブログで「禅」の話を書きました。

昨日は書のお稽古だったのですが、
先生があらたまって私に質問をしてきました。

「あなた、プロになる?」

「はい」
と答えると、
「じゃ、今度から指導方法を変えます」
と言われました。

つづけて、
「あなたは禅の勉強をしたいと言っていたね?(すでに打ち明け済)
 禅というのは行動なんだよ。今度からあなたには…」
と説明が始まり、
ただひたすら伝統的な書を真似して書くよう言われました。

「真似できなくても、落ち込むことなく、ただひたすら書きなさい。
 それで書けるようになったとしても、喜んではいけない。
 ただひたすら書きなさい。それを10年続ける。
 これが禅だよ。」

感動して震えました。さらに

「これをしていくことで、鑑定もまた変わっていくよ♪」と。

はい、必ず変わっていくと思います。

もともと直感・直観ともに鈍くはない方ですが、
10年続ければ、さらに磨きもかかるでしょうし、
人間としての深みも増していくはずです。

来年は、禅と易経を中心に読書していこうと思います。
今年のうちに一冊は買わなくちゃね♪
だって、来年を左右するお宝期間(※)だもの。

年の最後の約80日間(毎年10/10あたり~12/31)のこと。
この期間に来年達成したいことを決め、その準備を始めると
来年達成しやすくなるという運気の創作期間です。