書と占い「運」

書家・占い師 高天麗舟 が日常から考える「運」のあれこれ

2015-03-09から1日間の記事一覧

運びを活かすには

今年から月に一度、書の師でもある野尻泰煌先生から 姓名判断の講義を受けています。 例えば、「さんずい」ひとつをとっても 巷の姓名判断では、3画で数えるのか、4画で数えるのか、 意見が分かれるところです。 書家が姓名判断?と思われるかもしれません…