書と占い「運」

書家・占い師 高天麗舟 が日常から考える「運」のあれこれ

おしらせ

個人的に重要なお知らせ

12月1日(日)、8日(日)に行なう「基本の手相講座」のテキストを作成しています。昨年行った「実践のための手相講座」の資料を活用して作り直しているのでかなり内容の濃いものとなっています。 授業カリキュラム(予定)第1回(12/1)手の特徴からわか…

「開運 岡本“福”太郎 」展 監修

すでにHPやSNSでお知らせしておりましたが、このたびご縁をいただき川崎市岡本太郎美術館 常設展岡本太郎美術館20周年記念「開運 岡本“福”太郎」展 監修という大役を仰せつかりました。 それだけでなく、なんと。そのポスターの題字揮毫という大任までも拝受…

『基本の手相講座』開催します

昨年秋、『実践のための手相講座』を開催した私です。 そのとき本当に全力で取り組んだこともあって、次回はしばらく考えられないな~と思っていたのですが、7月のある日、ふと私の頭を次のことがよぎりました。 「もしかしたら、そんな本格的に勉強したいと…

ようやく立春

先月、娘が2歳の頃知り合った母友から方位の相談を受け、 朝から鑑定をしていました。 細かい字の万年暦を見ていたところ、その母友に 「すっかり占い師だねぇ~」 と感慨深そうに言われました。そして 「リコママ(私)は、いーっつも勉強していたよねぇ~」…

書不盡言。言不盡意。

11月27日(火)より泰永書展が始まります。 昨年10月よりこんな感じで時間をみつけては書いておりました。 今回の作品は、易経「繋辞上伝」から。 草書なので何が書いてあるのかわからないと思いますが 活字にすると以下になります。 子曰。書不盡言。言不盡…

来年の運気のために

2018年も三ヶ月を切りましたね… 先日、近所のスーパーの雑誌売り場を見ていたら 今年も細木数子さんの六星占術の本が売っていました。 立ち読みしたところ、私は来年「中殺界」だそうで 頑張るぶんだけ空回りの運気…とのこと。 四柱推命からみると疑問しか残…

手相講座、一回目無事終了。

9月29日(土)、「実践のための手相講座」 無事、第一回目を終えることができました。 自分で企画したものの人生初の講座ということで おそろしく緊張しました。(特に自己紹介。笑) 貴重な時間を割いて参加してくださったみなさまに なんとか受講料以上のも…

手相講座、定員まであと3名です。

いよいよ9月ですねー。 今月29日(土)から「実践のための手相講座」始まります。 5月中旬からとりかかり始めたテキスト作成、8月に概ね完成し、 私らしさもちりばめられました。 これから約一ヶ月は細部の見直しに費やします。 テキストをまとめながら「だか…

「書」を習いたい方!

先月、鑑定中にお客様から 「先生、書の教室いつ開くんですか?」 と質問を受けました。 「再来年の予定です」と伝えたところ、 「なるべく早めにお願いできたら…待ってます!」 と、とてもありがたいお言葉をいただきました。 師に相談したところ、 「待っ…

手相講座の受講対象者について

先日このブログで 【実践のための手相講座】受講者募集! とお伝え致しまして、 現在4名の方からご希望いただいております。 ありがとうございます。 また、下記のような問合せもいくつかありました。 「その手相講座というのは、 プロを目指している方を対…

【実践のための手相講座】受講者募集!

先日お会いしたある男性、飲み会で女性の手に触れたい一心で 手相を利用しているとのことでした。 下心も仕方ないかと思いつつ、 どんな内容で手相を観ているのか聞いてみたところ これがデタラメ甚だしく「手相をナメるなよ」と一喝。 素人鑑定にしても観ら…

行ったり来たりの中で…

すでにこのブログでもお知らせいたしましたが、昨年末、 カルチャーセンターでの手相講師の依頼を受けたのですが なんとその話、空中分解したんです~! ネット配信の会社とカルチャーセンターでタッグを組んで 講座を行うとの事だったのですが、その間で何…

立春ですー。

今日は占い師的にワクワクしてしまう立春です。 いよいよ「戊戌(つちのえいぬ)年」の始まりです。 昨年末のブログに書いたカルチャーセンター講師の話、 まだどうなるのか話は進んでいないのですが 決定してからでは遅いので、実は、 「2月4日の立春にはウ…

イベントのお知らせ

娘の夏休みもようやく終わり、ただいま夫が遅い夏休み。 家事と育児は休みたくても、仕事は楽しくてどうにもならん♪ というわけで、 本日はイベント&書展のお知らせです!! ◆ 第28回 泰永書展~ハンガリー国際交流展~ ◆ 私が所属しております泰永会(主宰…

「・・・っぽさ」

株式会社 橋姫 という会社があります。 アジアの平和に貢献していくことを目的とした企業で、 具体的には現在、カンボジアで短大を設立し、 そこで日本文化を通した人材教育など行っています。 カンボジアの学生さん方が学ぶ姿を写真で時々拝見するのですが …

鑑定がコワイです

ほぼ毎日「書」を書く生活をしている私です。 設計事務所に勤めていた頃、 手描きでもCADでも、図面を描くことは好きでした。 しかし、マンションの図面を描く機会が多く、 誰が住むのかわからない図面を描くことにやりがいを感ることはできず、 「人のため…

人の苦労と比較しない

クリスマス感・年末感ゼロの、いつも通りのブログです。 先日娘が通知表を持ち帰ってきたのですが、なんと、 二学期、一日も休むことなく登校したそうで表彰状が入っていました。 娘も健康になったものです。 そういえばここ数年は入院することもなくなり、…

「手相/四柱推命/姓名判断」それぞれが得意とするところ

「四柱推命って、何がわかるんですか?」 「手相では、どういうことがわかるんですか?」 ときどき、お客様からこういった質問を受けます。 ザックリお話しますと、 手相には、 基本的な性格や適職、過去の出来事はもちろん、今現在の状態や、 「今のまま過…

12/4手相鑑定のお申込みをされたお客さま~!

​【お知らせ】 12月4日23:00過ぎ、当ホームページのお問い合わせにdocomoのアドレスから手相鑑定のお申込みをしてくださったお客さまー! 下記のアドレスからの連絡を受け取れるよう、設定をお願いいたします! 設定後、再度ご連絡くださいねー!! reishu.t…

「泰永書展(書だけじゃないのよ♪)」のお知らせ

8月13日のブログ、「閾値と交感神経と…」でもお知らせしましたが、 来週9月19日(月・祝日/敬老の日)~22日(木・祝日/秋分の日)、 私が所属しております「泰永会」の書展が開かれます。 泰永会を主宰する野尻泰煌は、19歳でこの会をつくり、 28歳で第一回…

閾値と交感神経と…

最近、心臓外科医の「南和友」さんの書かれた本をザックリですが 3冊ほど読みました。 ↑ この他に「蘇活力」という本を2冊です。 占いの鑑定を通して、いろんな方の人生を伺うのですが、 よく今日まで生きてくれていたなぁ~という話も少なくありません。 自…

イベントお知らせです♪

本日はイベントのおしらせです。 ★ カフェフレンズNET2×手相イベント ★ 前回時間切れでみられなかったお客様方、本当にごめんなさい。 前回の反省を踏まえ、今回は予約制となりました。 すでに何名様かご予約いただいているようで、ありがたい限りです。 そ…

四柱推命と泰煌式生命法(姓名判断)

年末ですが、フツーにブログ書き始めます。(笑) さて、 四柱推命というのは、生年月日・生まれた時間&場所で、生まれ持った性質や一生の運気の波、その他を観ていく占術です。 でも、同時刻に生まれた人たちが同じ人生になるわけではありません。 男女の違…

ムカつく理由

昨日、何かのテレビで女性タレントAさんが 「合コンでサラダを取り分ける女子は、下心が見えてイヤなのよね~。」 といった発言をしていました。(笑) しかし、その発言を聞いていた別の若い女性タレントBさんは 「そこに反応してしまう人の心に問題がある…

年内イベント情報です!

今日は年内に予定しているイベント情報を一気にお届けします! まず明日。 *** ミスゴブリンのライブ会場で手相をみます *** ■2015. 10月20日(火) ■開場 18:30 / 開演 19:00 ■3,000円(1ドリンク別)☆お土産付き! チケット、残りわずかです! ■ミ…

2013年に鑑定を受けてから…

9月15日(火)は、青山にある美容室アンサルトで「メイク×手相」のイベントでございました。 表参道の駅からアンサルトへ向かう途中、見たことのあるモデルが道端で撮影していたり…さすが青山!という感じでありました。 嬉しかったのは、「予約はしてなかった…

はじめてのラジオ収録

先月のブログで、 ラジオにゲスト出演することになったとお伝えしましたが、 先週、その収録が無事終わりました。 パーソナリティのあゆみっちさんは、一度お会いしておりますし、何より、ミスゴブリンの晴畱屋美倭古(ハレルヤミワコ)さんが一緒だったおか…

ここが分かれ目?

仕事でもなんでも、イイ線までいく人は結構います。 しかし、その後、 「そのまま発展していく人」と「途中で失速してしまう人」と、 二つのパターンに分かれてしまうように感じます。 何が分かれ目なのか。 発展していく人は、勢いだけで進むことはしないよ…

世界の基準

その昔、 ミシュランで初めて日本のレストランガイドをつくる頃だったと思いますが、 どういう視点でレストランに星をつけていくのか、 テレビで主な選考基準をミシュランの方が話していました。 「例えば、松茸の土瓶蒸しをどんなに美味しく作ってもダメ。 …

脈絡のないツキ

テレビや雑誌に知人が登場すると、純粋にとても嬉しい気分になります。 が、時々「あれ?そこまでの人だっけ?」という人も紛れています。(笑) なぜ「そこまでの人だっけ?」という人がマスコミに取り上げられるのか? まず、自分の中に嫉妬心がないか確認を…