『書と占い』

さいたまで活動している書家・占い師が日々の気づきをあれこれ書いています。

傾聴のこと

鑑定中、お客様のお話を伺っている最中に自分なりの答えが出てしまうことは少なくありません。その後の話は、その答えを脳内に仮置きした状態で伺っているので100%お話に集中できているか…あまり自信がありませんでした。 2020年ごろでしょうか、若者の相談…

LINEスタンプ作りました

昨年から筆で書いた作品をデータ化しPIXTAとAdobe Stockで販売しているのですが、 先月から新たに「LINEスタンプ」にも挑戦しようとせっせと作品書いてはデータ化し、審査に申し込んでおりました。第一弾の「あいさつスタンプ」は3月に承認いただき、現在販…

次回メルマガ「木下ほうか氏の手相」

映画監督やら俳優やら、過去の膿出しが始まった感じですね。思わず木下ほうか氏の手を検索。「なるほど~」と思うさまざまな情報が手に表れていました。ハッピーな内容でないので、解説は4/10発行のメルマガでいたします。 下記の写真はメルマガ参考資料です…

次回メルマガ「手相のはなし」

3月、出会いの春ですね。といっても厄介な出会いは避けたいものですよね。突然ですが、下の写真で自分に近いものはありますか? 明日発行のメルマガは「騙されやすい手相」についてです。 気になる方はこちらからご登録どうぞ。メルマガ読者だけの鑑定裏メニ…

鑑定メニュー等変更のお知らせ

本日、なんと7年ぶりにHPをリニューアル致しました! それに伴い鑑定メニュー等見直し、4月から下記の通りに変更となります。どうぞよろしくお願いいたします。 ■鑑定メニュー『ネット鑑定』は、3月末をもちまして終了です。理由:あまり人気ありませんでし…

華麗な復讐

みなさんには「許せない人」や「憎い人」いますか?犯罪の被害者になるような場合ではなく、日常においてです。職場の同僚や元カレなど、一生のうちには現れることあるかもしれませんね。 スピリチュアルっぽい解決方法では、(実際に許さなくても)「相手を…

熱量と素直さ

画家・草間彌生さん、現在92歳だそうですが彼女の言葉「死んでもなお描き続けたい」を聞いたとき「幼少時代から描き続けて、まだ描き続けたいのか」と衝撃を受けました。 そして北京オリンピックでの羽生結弦選手をみて、また感じました。彼が世界で一番、4…

新月なので

2月4日は立春。壬寅の一年が始まります。その直前の本日2/1は新月で、願い事をかくと叶うとか新たなことを始めるのに良い日と言われています。 特に今回は、土星ともに8ハウスで起こる新月のためこれまで時間をかけてしてきてしまった自分の悪いクセや見て…

運命線がない・薄い

少し手相に興味ある方なら“運命線が仕事運をあらわす”という話、聞いたことがあるかもしれません。(女性は一般的に運命線が薄い傾向です) そして自分の手をみて「あれ、どこに?」とガッカリされた方も少なくないのではないか、と思います。 以前下記のブ…

「いいね」を言葉で伝える

他者の言動や仕事、パフォーマンスなど人の悪いところや弱点というのは、すぐに気づくものですが良い点を見出すのは意識しても難しいですよね。ネットが批判コメントでよく荒れるのはこういう面を持つ人が大多数である証かもしれません。 と書いている私も、…

書籍タイトル&著者名、揮毫

四柱推命の師、浅野太志先生が今月末、四柱推命の書籍を3冊出版されます。(12月26~27日ごろ、全国大型書店やオンラインショップで発売) 大変ありがたいことに、そのうちの1冊「四柱推命の占い方」のタイトルと著者名「浅野太志」を書く機会を設けていた…

さりげなく在り、さりげなく去る

書の師匠、野尻泰煌が旅立って今日で丸二年です。12月は今日のように天気がいいと、先生のお父さんに付き添い、警察署に出向いた日のことを思い出し、また雪が降りそうな厚い雲の日には、斎場に行った日のことが思い出されます。 そして…現実逃避なのでしょ…

まずは当たり前にできることから

泰永書展、おかげさまで無事終えることができました。会場に足を運んでくださった皆様、ネットから応援してくださった皆様、本当にありがとうございました! 今年、私は3点出展しました。(写真ボヤけててすみません) 木簡隷書/白居易【早春獨遊曲江】 行書…

新庄剛志さんの手相

ビッグボス新庄剛志さんのこんな記事を見つけました。 www.nikkan-gendai.com 日刊ゲンダイさん、ありがとうございます。さっそく拡大させていただきました。 線をみる以前に、手の形そのものが新庄剛志といった感じです。 ■手形の主な特徴は以下の三つ。 正…

次回メルマガ「筆跡診断」

さて、11/10発行のメルマガは「筆跡診断」のはなしです。 年賀状の季節ですね。最近はパソコンで作成の方が多いですが、こんな視点でいただいたハガキをみると楽しいかもしれません。 メルマガ参考資料はコチラ↓ メルマガのご登録はこちらから www.mag2.com …