『書と占い』

さいたまで活動している書家・占い師が日々の気づきをあれこれ書いています。

次回メルマガ「日主別、来年の予想」

今年も残り3ヶ月ですね。 ほぼ毎年書いていますが、年末までお宝期間です。 来年のための種まき期間、何の種を蒔くのか? ということで、10/10(日)配信のメルマガは 来年の流れを四柱推命の日主星ごとにキーワードからみていこう! です。 メルマガのご登…

父が亡くなる前に出たサイン

ただの吹出物ですが、危険を知らせるためだけに現れたような不思議なサインでした。

親ガチャと運

「親ガチャ」、最近よく耳にします。子は親を選べないという意味だそうですが恵まれた環境に生まれる人もいるし、毒親に育てられる人もいるし、言い得て妙と思いました。 四柱推命では、生まれ持った星を通変バランスでみていくのですが・父親が酒乱でいつも…

信じる対象を変えると信じられる

「収入を上げたい」「願いを叶えたい」人の欲というか理想・希望はさまざまで果てしないです。 人間ができることには限界があるのでやることやったら、あとは運を天に任せるほかありません。 とか言いつつ、なかなか放っておけないのが人間でしょう。 特に私…

次回メルマガ~指紋のはなし~

次回2021/9/10 発行のメルマガは「指紋のはなし」です。 ご自身の指紋は以下のどれに似ているでしょう?指紋もいろいろ教えてくれています。 メルマガ登録はコチラから↓↓ www.mag2.com 登録した直後は「まぐまぐ」からの関係ないメールが送られご迷惑をおか…

モテる女になるには?

突然ですが、あなたはモテますか?好きになった人に振り向いてもらえてますか?今回は、 ・好きな人がいるけどほぼ毎回成就しない・最近なんとなく彼に避けられているような気がする・とにかくモテない などに心当たりある女性に読んでいただきたいブログで…

伝統の書体を筆文字素材に

「定礎」という文字を見掛けたことはありますか?ビルやマンションの入口付近に設置されているアレです。街中を歩いているとどうしても看板に目がいってしまい、最近は定礎板ばかり見ていました。 そうこうしているうちに私も本気で書きたくなりまして・・・…

次回メルマガ「基本線の先端が枝分かれしている相」

次回メルマガは手相のはなし「基本線の先端が枝分かれしている相」です。 右手でも左手でも手相の先端が下図のように枝分かれしていませんか? 8月10日発行のメルマガ(無料)でこちらの解説いたします。ご興味ある方、ご登録お待ちしております^^ www.mag…

開運Tシャツ&トートバッグ販売

今年4月のことですが、東京下町を散歩していたところ、某ショップで筆で書かれた文字がプリントされたトートバッグを見掛けました。その時は「へぇ~悪くないな」と思っただけだったのですが、 それから2週間くらい経ったある日突然、「自分の作品をプリン…

易の話「飛龍在天」

易経「乾為天」の五爻「飛龍在天(飛竜天に在り)」という爻辞が大好きでこれまで何度となく書いてきました。 木簡隷書 草書 易を教えてくださった天童春樹先生にも草書作品を贈りました。2016年だったでしょうか。 作品にするにあたり、漢字自体の格好(字…

手相からみる適性3

www.fortuneblog.net 手相の特徴からみる適性、あと三ついきます! ■とにかく生命線が張り出している 親指のつけ根をグルッとまわる生命線は、体力・気力・バイタリティを表しています。 写真のように中指と薬指の間より小指側にグンと張り出し、線の強さも…

次回メルマガ~手相のはなし「お金や物に関する憂い」~

2021/4/10 発行のメルマガは、手相のはなし「お金や物に関する憂い」をお送りします。 緑色で囲まれたの部分に注目してお読みくださいね。 メルマガ登録はコチラから↓↓ www.mag2.com 登録した直後は「まぐまぐ」からの関係ないメールが送られご迷惑をおかけ…

手相からみる適性2

www.fortuneblog.net 前回に続き、手相からみる適性です。 ■生命線から離れて知能線が出ている(青い線) 知能線の出発点が生命線から離れている人は、経験のないことに抵抗を感じることなく挑めるタイプです。距離が離れているほどその傾向が強まります。 …

手相からみる適性1

www.fortuneblog.net ↑↑前回のブログで副業に向いているタイプか?というのを見ていきましたがこの線がなかったとしても、行動していくうちに出てくるので副業を考えている人は計画的に動いていきましょう。 今の時代、ユーチューバーや身近なところではアー…

手相からみる副業・適職

www.fortuneblog.net ↑↑ 前回のブログに続き、今回から「手相から見る副業・適職」について書いていきます。 将来の不安材料ばかりが増える今日この頃、真面目に副業や転職をお考えになった方は多いのではないでしょうか。副業OKの職場であれば、皆が何かし…

不満を糧に転職を考える

私自身適職について悩んだせいか、鑑定の相談内容は仕事についてが多いです。 最近は副業OKの企業も増え、コロナの影響で在宅時間が増えたおかげで勉強するには良い環境になっているのかもしれません。私の周りでも「休日占い師」のスタイルをとっている人は…

次回メルマガ~大殺界・天冲殺・空亡を気にしなくていい理由~

立春を迎え、辛丑の一年が始まりました。この一年も皆様にとって素晴らしい年となりますように。 さて、今年に入ってお客様から似たような質問が続きました。何かというと、大殺界や天冲殺や空亡について。俗にいう新たなスタートをしてはいけない時期。それ…

占いの中の「鬼」

占い師にとって立春は一年が始まるとても大事な日です。今年は例年より一日早く、節分が2月2日、立春2月3日という暦です。 より良い春を迎えるために、その前日に豆まきで陰気の鬼を退散させるのですが「鬼」という字は占いでもときどき見掛けます。 今から…

集中力の持続に大切なこと

ほぼ毎日、筆を握って何か書いているのですが集中できる時とそうでない時があります。 部屋の机には常に墨と筆と半紙がセットしてあるので気分が乗らなくてもイスに座って筆を握りさえすれば休み休みですけど、1~3時間書き続けてしまいます。 でも時々、…

次回メルマガ ~誰も言わない知能線の話~

あけましておめでとうございます。コロナ渦ですが、今年のお正月も夫と私の実家に帰省し、互いの親が(耳が遠いとか忘れっぽいとか、一般的な症状はありますが)幸い認知症にもならず、元気にしている様子をみて安心しました。 年齢を重ねれば重ねるほど、注…

運に適応する

『突然ですが占ってもいいですか』で星ひとみさんの鑑定をみていた夫が「一生のうち、うまくいく時期・うまくいかない時期が初めから決まっているならどうにもならないじゃない…」なんて言っていたんですけど、実際にだいたいの流れはあるものです。これは私…

次回メルマガ~不倫と手相の関係~

渡部さんの会見も終わり、2020年も不倫報道がたくさんありました。 周りがとやかく言うことではありませんが、不倫を通して「人」も見えてくるものです。 そんなわけで12月10日発行の次回メルマガは下世話ですが「不倫と手相の関係」についてです。 登録…

「嫌いな人に感謝」ですと?

占いはもちろん、スピリチュアルの本やyoutubeもよく見ているのですが時々、“自分の運を上げるために行なうと良いこと”として「嫌いな人に感謝する」というのを聞きます。 瞑想の中にも“慈悲の瞑想”というのがあって自分が嫌いな人や自分を嫌っている人の幸…

坐骨神経痛で兌為澤(だいたく)を得た

前回のブログでも少し触れましたが先月、坐骨神経痛と思われる激痛が腰から太もも裏にかけて突然走り、横になることができなかったので、ソファで数日間寝て過ごしました。一番痛い日のスマホの万歩計、なんと6歩。苦笑 もともと柔軟性のない身体の上…前屈…

無価値感

11/10発行のメルマガは、名づけ・姓名判断についてです。↑↑ 写真の名前に少し触れます。 メルマガ登録は以下からどうぞ♪ www.mag2.com さて、寒さのせいでしょうか。毎年ではないのですが、どういうわけか11月頃になると自分に価値のなさを感じる私です。 今…

「傷ついた」から学ぶ

ネット(SNS)の発達にともなって少数派が声を上げやすくなり、有名人と一般人の距離が近くなった印象を受ける今日この頃です。 弱者でも意見や感想など声を上げやすくなった良い面がある一方で意見でなくストレス発散の場にしていたり、曲解して過剰反応に…

「運がいい」とは?表現の音数

『突然ですが占ってもいいですか?』というテレビ番組、ご存じでしょうか。占い師の私も毎回録画して観ています。(ヤラセだったとしても面白い)BGMにどうぞ ↓↓ 相対性理論-マイハートハードピンチ 私の番組の楽しみ方は「この話の根拠、どの占術で出してい…

メールマガジン創刊

私が占いブログを開始したのは、2012年4月。ブログの世界も世の中と同様、変化しています。 先日、夕飯の支度をしながらyoutubeでツービートの漫才を聴いていたのですが「今じゃ放送できない内容だけど、やっぱり面白いなぁ~♪」と大爆笑する己の姿に今の時…

「書道家」でなく「書家」

第31回 泰永書展 ~野尻泰煌追悼展~ 無事終了いたしました。お忙しい中たくさんの方にお越しいただき、改めて師の人柄が偲ばれます。本当にありがとうございました。会期中、中国メディアの方から突然取材を受けたり、中国の女性書家が見に来られたりと、小…

「苦にならない」は才能

7月末、長野に行ってきました。初日の目的は書家・川村驥山(かわむら きざん)先生の驥山館、2日目は葛飾北斎の肉筆画美術館 北斎館と北斎が88~89歳で描いたと言われる天井画をみるため岩松院へと出掛けました。 私は川村先生の曾孫弟子にあたるそうで時々…