『書と占い』

書家・占い師 の視点でみえた日常のあれこれ

節分、そして立春。

今日は、節分。やーっと「乙未」の一年が終わります。(←個人的感想)

四柱推命では、年始にあたる日が立春で、大晦日にあたる日が節分となります。

一年の総決算か、子月との相性か、私の場合、占いで年末にあたる元旦あたりから節分までのこの時期、身の上に大きな出来事が起こりやすいです。

昔手術を受けたのも、妊娠がわかったのも、娘の障害が確定したのも、書の先生に出会えたのも、みーんなこの時期です。

ちなみに今年は娘が嘔吐下痢のような症状で、今日から回復。…今回は入院しなかったので助かりました。

そうそう昨年の冬至の晩、今年一年の仕事運を易で観てみました。

「地道に、ひたすら地道に進ませる一年」と私は読んだのですが、周易でお世話になっている大石眞行先生に読み解いていただいたところ、

「大衆に対して積極的に行動する」という見方をされました。

そういえば、「お友達と講座を開く予定があるなぁ~」とか、「展覧会の主催をするなぁ~」とか、「展覧会に出展するなぁ~」とか、いろいろ予定がありました。(『赤裸々にさせて♡』も放送中だし♪笑)

また、「地道に進ませる」というのも予定にありまして、四柱推命にしても方位にしても、狭いところをもっと深く鑑定できる術を身に着けたいと考えており、こちらも着々と進めています。

易の読み方は本当に深いです。場数と直感ですな、がんばります!!

展覧会については、ひとつは出展用、もうひとつは商品ということで、時間をみつけては書いている状態で…

2016.1

(↑まだまだ途中です)

最終的には、まったく違った雰囲気の書になる予定です。

師曰く、「売り物ということは、作品でなく美術品を書くということだよ♪」とのことで、思いっきり遊んで書いていこうと思っています。

さ~て、明日から「丙申」。個人的に待ちに待った一年が始まります。

 

PS:本日、丙(だいたい南南東)に向かって巻寿司を召しあがった方、残念ですが、今日はまだ歳徳神さまはその方向にいらっしゃいません。今年は2月4日19:00頃から南南東が恵方になります。

という話を先日、インターネットラジオ赤裸々にさせて♡」で話したのですが、みなさまお聴きになりましたか?たまには役立つことも話している…かもしれないので(笑)、気が向いたらお聴きになってみてください。明日(木曜日)、21:00放送です。

 

高天麗舟