『書と占い』

書家・占い師 の視点でみえた日常のあれこれ

不満を糧に転職を考える

私自身適職について悩んだせいか、鑑定の相談内容は仕事についてが多いです。

最近は副業OKの企業も増え、コロナの影響で在宅時間が増えたおかげで
勉強するには良い環境になっているのかもしれません。
私の周りでも「休日占い師」のスタイルをとっている人は少なくありません。

やりたいことがあればいいけど、特にやりたいことがあるわけでもなく。
でも今の仕事はなんかイヤなのよねぇ…
という状況で好きなことを仕事にしている人を見ると、
やたら輝いているように映って、焦ったり、劣等感を感じたり、
いろんな感情わいてきちゃいますよね。
そして何をすれば自分は輝けるのか、考えてしまいますよね。

その場合、具体的に今の仕事のどういう点がイヤなのか?
徹底的に分析をしていくと、ヒントを得られるかもしれません。

転職を希望する動機に職場の人間関係を挙げる人は多いです。
人との関係が煩わしいのであれば、自宅のパソコンでできる仕事とか
事務的な仕事が退屈であれば、専門分野に飛び込んでみるとか
(かなりザックリな例ですが)

私の場合も、誰が住むのかわからないマンションの図面を
機械的にただ描くだけという仕事に虚しさや味気無さを感じて、
だったらお客さんと直接お話しできて、客さんのためになる仕事をしたい!
と繋がり、ようやく占い師にたどり着きました。

不満の反対が理想と思うので、単純にブーたれるだけではもったいないです。
次の自分のために不満を生かしていければ、不満が宝になりますね。

ローラー作戦で転職を繰り返すのもひとつの手段ではありますが、
手相が教えてくれることも多いので
次回のブログから手相から見る適職を紹介していこうと思います。

f:id:reishu-takama:20210221171441j:plain

高天麗舟