『書と占い』

書家・占い師 の視点でみえた日常のあれこれ

手相からみる副業・適職

www.fortuneblog.net

↑↑ 前回のブログに続き、
今回から「手相から見る副業・適職」について書いていきます。

将来の不安材料ばかりが増える今日この頃、
真面目に副業や転職をお考えになった方は多いのではないでしょうか。
副業OKの職場であれば、皆が何かしら考えた方がよい時代なのかもしれません。

「いや、そもそも副業なんて向いてないし…」という前に
ちょっとご自分のを確認してみてくださいね。

 

■副業に向いているタイプ(運命線編)

中指に向かって伸びる縦線が平行して2本ある。

f:id:reishu-takama:20210224142810j:plain

この線は運命線といって、自我や自意識を表しています。
自身が望む成功や理想に対して頑張っている自覚があるとハッキリ出ます。
実際に頑張っていても、謙虚だったり自己肯定感が低い方の場合は薄く表れます。

この運命線が2本あるということは、会社員と主婦、仕事と本気の趣味など
自分が活動する場を二つ(人によっては二つ以上)持てることを意味しています。

まだ行動にうつしていなくてもバイタリティ溢れる方なので
「平日は勤務・土日は個人事業」など動いていける可能性を秘めています。

 

■副業に向いているタイプ(太陽線編)

薬指に向かって伸びる縦線が平行して2本ある。

f:id:reishu-takama:20210224153345j:plain

この線は太陽線といって、一本でもあれば富や名声を手にするといわれ、
実際に成功している方に多く見られるのですが、普通の専業主婦にも見られます。

単純に富や名声というより、周囲との良好な関係が背景にあるケースで
創造性豊かで財を成す素養があること表しています。

これが平行に2本あるということは、簡単にいうと収入源が二つ。
どこでも多くの方の協力を得て成し遂げられるでしょう。

 

運命線と太陽線の違いをひとことでいうと、
運命線は自力でガムシャラに頑張る形の仕事運。
太陽線は周囲から助けられる形で恵まれる仕事運。
といった感じでしょうか。

いずれにしても、運命線・太陽線が平行して2本あるならば副業に向いています。

右にはないけど左手にあるんだけど、、、という方。
左手には精神的なこと・内面が表れるので、
気持ちの上で二つのものに意識を向けているのかもしれません。
手相は変わるので、行動していくうちに右手にも刻まれていきます。

 

太陽線については過去のブログでも詳しく書きましたので
ご興味があれば参考にご覧いただければと思います。

www.fortuneblog.net

 

このシリーズ、しばらく続きます。

高天麗舟