書と占い「運」

書家・占い師 高天麗舟 が日常から考える「運」のあれこれ

残念なひとこと

「仕事」と違って「趣味」と聞くと、個人的な楽しみ事といったイメージです。

しかし、「私がやっているのは趣味ですから…」と言われると、誰も責めていないのに
言い訳されたような印象を受けます。

そして、そのひとことには
“仕事は収入に関わることだから一生懸命やるのは当然だけど、
趣味はお金にならないし、自分のステイタスに関係ないからテキトーでもいい”
という本音が垣間見られます。

その人にとって、その趣味が楽しければそれで充分な話なのですが、
何故か評価を気にしている印象です。

なんですが。概して一生懸命取り組む人というのはすべてにおいて一生懸命で
仕事だから趣味だから、とか、手を掛けたり抜いたり…というのはないものです。
といっても優先順位はありますから掛けられる時間やお金に違いは出てくるでしょうが
熱意に違いはないはずです。

だから「私がやっているのは趣味ですから…」と言われると
その人の仕事に対する姿勢はもちろん、その人そのものについても
逃げや打算があるのだろう…と、容易に想像がついてしまいます。

一事が万事。

人と比べてどーのこーのでなく、その人にとって取り組むこと自体が楽しく、
その人の置かれた状況の中で精一杯やっていくことが大事と思います。

仕事でも趣味でも、ひたむきに取り組んでこそ得られるものは通じていますし、
真面目に取り組んでこそ見えてくるものがあるだけに、
収入になる・ならないで分けてしまうのは、もったいないな~と感じました。

 

高天麗舟

f:id:reishu-takama:20190828164305j:plain