『書と占い』

さいたまで活動している書家・占い師が日々の気づきをあれこれ書いています。

運命線がない・薄い

少し手相に興味ある方なら“運命線が仕事運をあらわす”という話、
聞いたことがあるかもしれません。
(女性は一般的に運命線が薄い傾向です)

そして自分の手をみて「あれ、どこに?」とガッカリされた方も
少なくないのではないか、と思います。

以前下記のブログでも書きましたが
ビッグボス新庄剛志さんの運命線も薄く、

www.fortuneblog.net

 

今回はなんと郷ひろみさんの運命線も薄いことがわかりました。
(文春オンラインに感謝です!)

bunshun.jp

f:id:reishu-takama:20220125152342j:plain

f:id:reishu-takama:20220125152405j:plain

66歳の現在も第一線で活躍しているので、仕事運がないはずありません。
しかし、運命線はハッキリ見えません。

他の写真で左手も確認しましたが、
やはりそこまでハッキリとは確認できませんでした。

そういえば。以前、テレビで言っていました。
「昔とぜんぜん変わらないですね~!」というコメントに対して
ひろみさんは
「みんな変わらないと言うけど、変化しているから変わらないんですよ」
というような返答をしていたんですよね。
ストイックですねー。

あとは「僕は、オン・オフを切り替えるのが大変だから
ずっと郷ひろみでいることにしたんです。」とか。。。

 

f:id:reishu-takama:20211110171658j:plain

 

運命線は、
その人が望む成功や理想に対しての実力発揮満足度を表します

なので新庄剛志さんや郷ひろみさんのように
「感情線・知能線・生命線」の基本線はハッキリしているのに
「運命線がない・薄い」という場合は、
特に、自分に厳しい傾向になります。
自分に満足していないので謙虚な面も持ち、周囲の人に気配りもできます。

他には、努力しているけど、自分の望む結果に届いていないことから
自分に自信が持てていない…というケースもあります。

反対に
「感情線・知能線・生命線」の基本線も薄く
「運命線もない・薄い」
という場合は、
自信・信念をもちづらい状況にあるとか、自分よりも人を優先する傾向にあります。
気配りしすぎて疲れることもあるかもしれません。

こう書くと、ハッキリした運命線の人が
まるで厚かましいかのような印象を与えてしまうかもしれませんが、
もちろんそんなことはありません。

自分の生き方や日々の過ごし方に対して
一生懸命取り組んでいる自覚を持てることは、とても大切です。

運命線がないからといって
仕事運がないとか努力不足とか、そういうわけではありません♪
という話でした。

 

太陽線についてはコチラをご覧ください。

www.fortuneblog.net

 

高天麗舟