書と占い「運」

書家・占い師 高天麗舟 が日常から考える「運」のあれこれ

その人の内面が方位に表れる

年末年始、GW、夏休みなど、よくテレビで「空の便は…」と これから海外に行く人にインタビューする映像が流れます。

これは職業病というか悪趣味になるのかもしれませんが、 「う~ん、五黄殺に行くのか…」「この人は暗剣殺か…」などと 複雑に思いながらテレビに近づき、 画面を通してその人の雰囲気を観察してしまいます。

私個人が感じている、 方位学を知らない人が無意識のうちに移動する方位ですが ・凶方位に行く人:60~70% ・可もなく不可もなく:20~30% ・吉方位:10%(…もいないかもしれません。) くらいの印象です。

多くの例を通して感じていることですが、 無意識のうちに選ぶ方位や、行きたい・気になる方位、 流れで行くことになってしまった方位、 我を通して行ってしまう方位等には、どういうわけか その人の現在の運や精神的な課題が映し出されているもので、

運のいい人は無意識のうちに吉方位に移動しますが、 悩みが尽きない人は、より悩みを引き寄せるような方位を 運が傾いてきている人は、より運が傾く方位を 恋愛・肉体関係を求めている人は、それを引き込みやすい方位を 不思議と選んだり、その方位に魅力を感じたりするのです。

「移動先の土地の気を受ける」のが方位学ですが、 それ以前に、そもそも 「その人の運や内面に見合った方位に引き寄せられる」 ということを強く感じています。

それは「その人に沿ったものの中でしか動けない」という 厳しい現実を見せられているようにも感じます。

これを断ち切るひとつの方法に吉方位の活用がありますが、 それより無意識のうちに、せめて普通方位を選べるよう 日頃から運をあげておくことも大切かなと思います。

運を上げるというと 急に開けるようなイメージを抱くかもしれませんが そうではなく、

他人から見た自分を演出するために動くことや 人のためと言いながら自分の欲求を満足させることなどせず、 何があっても腐らず、 今できること・しなければならないことに集中していく 地道な努力を積み重ねることでしょうか。

やはり損得だけで対応したり、 個人的な小さな思惑の中で動いていては 運は味方してくれません。

内面に凶方位を引き寄せる要素がなくなれば 自動的に運も上向いていくと思います。

 

高天麗舟