『書と占い』

書家・占い師 の視点でみえた日常のあれこれ

手相からみる適性1

www.fortuneblog.net

↑↑
前回のブログで副業に向いているタイプか?というのを見ていきましたが
この線がなかったとしても、行動していくうちに出てくるので
副業を考えている人は計画的に動いていきましょう。

今の時代、ユーチューバーや身近なところではアートテラーなど
これまでになかった職種が職業として成り立つ時代になってきたので
具体的な職業というより適性として挙げていきますね。

では具体的にみていきます。

 

知能線から運命線が出ている(青い線)

f:id:reishu-takama:20210226161104j:plain

知能線から中指に向かう運命線が出ている人は
教師やコーチ、指導者など「先生」と呼ばれる仕事や
技術・才能を生かす仕事など
持って生まれた才能や知性を生かした仕事に適しています。

西谷泰人先生著「流年手相術」で確認しましたが、
漫画家の赤塚不二夫さんの右手にもクッキリ入っていました。

実際の鑑定でも、学校や幼稚園の先生、野球のコーチ、企業の研究員など
やはり人を導く仕事や専門分野で働いている方に多くみられます。

技術をご自身で掘り下げるだけでなく、人に教え伝えるのもよいですし
セミナー講師も向いています。

 

感情線知能線の間に橋渡しの線(変形マスカケ)

f:id:reishu-takama:20210226161146j:plain

感情線と知能線の間に橋渡しの線がある相を変形マスカケと言います。
ユニークな発想の持ち主で「好き・嫌い」「得意・不得意」がハッキリしています。
会話をしていても「あ、今この話興味ないんだな」と露骨にわかるので
面白いのですが、実はかなりリアリストです。

実際の鑑定では
銀行マンなど金融機関にお勤めの方や経理担当の方に多くみられます。

すでに興味のある物事やジャンルがあれば、もうそれで突き進んだ方がよく
特にない場合は、例えばファイナンシャルプランナーや簿記など
計算力を生かすことに向いています。

 

■生命線下部から小指下に伸びる起業線

f:id:reishu-takama:20210226161218j:plain

生命線下部付近から小指下(黄緑色の円のあたり)にかけて伸びる線を
起業線といいます。

名前の通り「起業」に向いているのですが、ガッツで起業というよりも
独創性が強いため、人の指示の範囲内におさまらないことが理由でしょう。

有名な方ですと、草間彌生さん、草刈民代さんにあり
実際の鑑定でもダンサーやデザイナーの方に多く見られます。

デザイン力・企画力など
独自のアイデアで新しいものを作り出す力のある人なので
芸術性を生かした仕事や、
独自の視点でゼロから作り出していくのに向いています。

 

次回、まだ続きます。

鑑定のお申込み、手相講座のお申込みはこちらへ

www.reishu-takama.com


高天麗舟