書と占い「運」

書家・占い師 高天麗舟 が日常から考える「運」のあれこれ

「令和」への期待

令和になりましたね。 平成を迎えた時と違ってとても明るい改元です。

官房長官が「令和」と発表した時、 すぐに泰煌式生命法(姓名判断)で確認しました。

「令和」 総画/13画、陰陽/○●自然象形、五行/火性・土性

ちなみに

「昭和」 総画/17画、陰陽/○●自然象形、五行/金性・土星

「平成」 総画/12画、陰陽/○○不自然象形、五行/水性・金性

生命法で観る場合、 まず自然象形・不自然象形かをみていきます。 (漢字の画数が奇数か偶数かで判断します)

自然象形の場合は、五行の特性が良い方向に表れやすく、 不自然象形では、五行の特性が悪い方向に表れやすくなります。 特に、最初の五行の影響は強いです。

画数は、物事の運びの良さ(運の流れ)を判断します。 こちらも自然象形・不自然象形の影響を受けます。

「昭和」は17画。自然象形で、最初の五行は金性。 17画は吉数なのですが、苦労を超えて吉に向かう性質。 しかし自然象形なので、その苦労が実ります。 昭和は戦争を経験しましたが、 その後高度成長期、そしてバブルでした。 五行は金性なので、金属関連、金融が脚光を浴びます。

「平成」は12画。支障多く、失意に終わる凶数。 12画自体が凶数な上、さらに不自然象形。 五行の水性から、水害に注意と読みます。 (地震については直接的には読み取れません) 防災意識は高まりましたが、災害の絶えない平成でした。

「令和」は13画。万難を排して急進的に成功する吉数。 自然象形なので火性の性質が良い方向へと向かいます。 火性は、主に芸術や文化、教育を意味するため、 芸術・文化面での発展が期待できる時代となりそうです。

実は占いも火性に属するので、 書と占いに携わる私としては有り難い流れです。

もし、不自然象形の火性であったら 日本も戦争に向かっていったかもしれません。 とにかく自然象形でよかったです。

明るくで情熱的な性質の火性。急進的な勢いの13画。 この令和の祝福ムードが象徴しているようです。

10月のパレードは見にいかなくちゃっ!!!

そして私も書きました。

 

高天麗舟