『書と占い』

書家・占い師 の視点でみえた日常のあれこれ

脈絡のないツキ

テレビや雑誌に知人が登場すると、純粋にとても嬉しい気分になります。

が、時々「あれ?そこまでの人だっけ?」という人も紛れています。(笑)

なぜ「そこまでの人だっけ?」という人がマスコミに取り上げられるのか?

まず、自分の中に嫉妬心がないか確認をして、

「運」や「ツキ」というものについて、冷静に考えてみました。

「運」については、

ラッキーなその出来事に至るまでの間に、人や話の繋がりなど、何かしらの縁(コネではない)があるなぁ~。しかも、その出来事だけで終わらず、そこからまた話が展開していくものよね~。

という結論に至りました。しかし、

なんで実力がない人に陽があたるんだろう??(だんだん表現が露骨になってきました。笑)

ということはわからず、私の人生の師でもある書の野尻泰煌先生に質問してみました。

「あのね、運とツキというのは別なんだよ。運というものは“運び”だよね、脈絡があって成り立つものだけど、ツキにはそれがないんだよ。急にマスコミに取り上げられて、持ち上げられるだけ持ち上げられて、それで実力がなかったら叩き落とすだろ?その落とし方も相当な落とし方だよね。だから、一見華やかに見えるかもしれないけど、脈絡のないツキというのは、実はおっかないものなんだよ。」

納得。さすが我が師。

と、思っていたところ、今回のオリンピックのエンブレム騒ぎ…

エンブレム盗作疑惑の頃は、偶然だろ?くらいにしか個人的には思ってなかったのですが、今じゃクロとしか思えないような…

方位の話になりますが、「南」には“明るみに出る” という意味があります。

吉方位でとった場合には、スポットライトが当たる!となるのですが、凶方位でとった場合には、隠し事がバレる…という事態に。

もしかしたら、

なにか炙り出させるために、陽が当てられることもあるのかもしれない…

なんて思いました。

やっぱり地道がいちばんの近道のようです。

…と、いろいろ書いてしまいましたが、

こちらは本当にご縁にご縁が重なって、

なんとワタクシ、ラジオにゲスト出演することになりました。(笑)

そのご縁の中には、こんな事態も!

小遊三師匠

ミスゴブリンの晴畱屋美倭古サンと私(黄色い方)の間に、子供の頃から大好きな三遊亭小遊三師匠がっ!!

ここに至るまでの説明は長くなるので省きますが、この写真を撮ってくださったのが、かつしかFMのあゆみっちサンなんです。

ということで、

ラジオ番組出演にあたり、メッセージ・お悩み相談などなど大募集中!

■宛先:かつしかFM 「INDIES MAGIC」 あゆみっち宛<ミスゴブリンにメッセージ>係まで

 ■FAX:03-5670-5332

 ■E-mail789@kfm789.co.jp

 ■締切:9月9日(水)

☆ラジオネームをお忘れなく!!

「ウチ、かつしかFMなんて入らないよ!」という方!!
ウチも入らないです!!(笑)
ということで、ネットで聴けるサービスがあるそうです。
いつ放送なのか、今は何にもわからないのですが、
なにか情報があったらお知らせします。

 

運が運であるように、引き続き精進して参ります。

 

高天麗舟