書と占い「運」

書家・占い師 高天麗舟 が日常から考える「運」のあれこれ

「開運 岡本“福”太郎 」展 監修

すでにHPやSNSでお知らせしておりましたが、このたびご縁をいただき
川崎市岡本太郎美術館 常設展
岡本太郎美術館20周年記念「開運 岡本“福”太郎」展 監修
という大役を仰せつかりました。

それだけでなく、なんと。そのポスターの題字揮毫という大任までも拝受。
3日間という限られた時間の中で 「開運」「岡本太郎」「福」 と、気づけば半紙500枚突破。
その中でポスターとして相応しいものを選出し、仕上げていただきました。

f:id:reishu-takama:20191104082506j:plain

会期は、2019年10月19日(土)~2020年1月13日(月・祝) すでに始まっています。

「なにか開運とか風水にちなんだ展示構成を…」とお話を伺ったのが今年8月。
岡本太郎美術館の学芸員さん方は、太郎氏に負けず自由で斬新な発想をお持ちです。
私の大好きな芸術に占いで貢献できるなんて!
アートテラー・とに~さんからトークショーのお話をいただいた時以来の衝撃です。
本当に有り難い機会でした。

実際の風水鑑定というのは、土地の気・建物の気・個人の気などから
その人個人に合わせて総合的に判断していくものなのですが、
今回は多くの人々が集まる美術館ということで
方位が持つ特性に対して色やアイテムを用いて室内の気を整える「風水調整」をご紹介♪

出会い運、金運、仕事運、ダイエット運…等、どの方位に何の運があるのか
また、どういったアイテムを飾ると良いのかも解説パネルに紹介されていますので
会場でその気を浴びるのもヨシ、自宅で真似するのもヨシ、といった感じで
楽しんでいただけたらと思います。


さっそく会場を見てまいりました。
(プレスの腕章をつけ、特別に撮影許可いただいております。)

f:id:reishu-takama:20191104095742j:plain
会場入って右。せっかくなのでプロフィールパネルと記念撮影。
一番左のパネル『風水調整と象意』をしっかり読むと展示をより深く楽しめます♪

 

f:id:reishu-takama:20191104100127j:plain
ここは東南方位。彼氏募集中の女性、ここの解説パネル必見!!
この展示に自宅でも真似できる出会いのヒントが。

 

f:id:reishu-takama:20191104101610j:plain
こちらの太郎さんは、会場の皆さんを殺気から守ってくれています。

 

f:id:reishu-takama:20191104153827j:plain

こちらは椅子コーナー。(写真撮影OKなコーナーです)
おや?手相が入っていますね。ちょっと鑑定してみましょう。(笑)

基本的に細かなことは気にせずおおらかなタイプですが、
かなりのめり込みやすい性質で、ある意味諦めの悪い点もあるようです。
しかし根本は地に足の着いた考えの方なので、冷静に判断できるでしょう。
30歳頃まで、自分の目標や信念に忠実に生き、それに満足できていたようですが
それ以降は自分を譲り、人をサポートする生き方に変わります。
人からの慕われやすいですが、あまり集団行動は得意でないので
人との距離の保ち方がポイントとなります。
アイデア豊富でそれを独自路線で追及していくことが得意な手相です。

って太郎さんの手相とは違うのですが、やっぱり作品も似てしまったのでしょうか。

f:id:reishu-takama:20191104164432j:plain
せっかくなので座りました。とっても硬いです。(笑)

ちなみに太郎さんの実際の手相はコチラです。
アートテラー・とに~さんのブログ:本日のお客様:岡本太郎


そしてこちらは北西エリア。

f:id:reishu-takama:20191104163032j:plain

ビジネス運の向上には、このエリアの展示が参考になります。
会場のこちらの場も、なんとなく高貴な気に包まれていた…ような気がします。

こんな感じで北から北東、東、東南…と八方位の特性に合わせて
展示されているのですが、改めて驚かされたのが太郎氏の作品数とその種類の豊富さ。
八方位に対応した作品がすべて揃うって、すごいことです。

会場は改修後で本当にキレイですし、スロープなど高低差があって楽しめます。
私だけではないと思うのですが、真面目に良い氣を感じました。

ということで、来年の1月13日まで展示されていますので
みなさま是非会場まで足を運んでくださいねー♪

とに~さんのブログで紹介していただきました。
開運 岡本“福”太郎

 

高天麗舟

f:id:reishu-takama:20191104172644j:plain