書と占い「運」

書家・占い師 高天麗舟 が日常から考える「運」のあれこれ

ノッている時こそ

先日、クラシックコンサートに行ってきました。

お目当ての曲は、毎日のようにCDで聴いている 「ピアノとオーケストラのためのリトミカ・オスティナータ」です。

↓こんな曲です。1:17の映像です。

[embed]https://youtu.be/oiGk_qZkJLo[/embed]

しかし、こんなスゴイ曲をたった47歳で発表するとは、 「伊福部昭」という先生は、本当にトンデモない作曲家です。

ちなみに私は46歳。…いや、比べるのがそもそも間違えでした。 各々ベストを尽くして生きるのみです!!

話を戻しますが、私がいつも聴いているCDの指揮者は ドミトリ・ヤブロンスキーというロシアの方です。 かなり雄大な雰囲気で、 含みをもたせて最後までたっぷり聴かせてくれる感じです。

ところが、この日の指揮ですが…時間を追うごとに加速し、 仕舞いにはドリフのセットチェンジのような気忙しい雰囲気に。 (思い出したい方、↑ココをクリック。笑)

この曲を聴くために何か月も楽しみにしてきた私は、 途中から残念で悲しくなってきました。

しかし、そんな私の気持ちをよそにさらにノリまくる指揮者。 潮のように引く私。 そんな指揮者に「ダメだこりゃ」(笑)

どんな時も自分の状況を一歩引いて俯瞰する余裕がないと、 自己満足で終わってしまうようです。

一流かどうかって、ここにかかっているんだな…と学びました。

 

高天麗舟