書と占い「運」

書家・占い師 高天麗舟 が日常から考える「運」のあれこれ

開運期に気をつけること

2月4日より「庚子」の一年に突入し、
運気の変化を感じている方もいるのではないでしょうか。

今年は五行でいうと「金」の気を受けやすい一年で
みなさまの生まれ持った五行バランスと「金」との相性が良ければ
充実した時期となります。

開運パターンにはいくつかあるのですが、
・自分が他者に対して役立つ
・これまでの経験が活かされる
・抑圧されてきたものから解放
・ようやく結果が出る
かなりザックリですが、まだ他にもたくさんあります。

特に運気の良さを実感しやすいのが
「抑圧されてきたものから解放」で開運するタイプ。

目の上のたんこぶ的な存在から離れる勇気が湧いたり、
常に気遣いで気持ちが休まらなかったのが
自信に満ち溢れ、挑戦意欲いっぱいで実行できたりなど。
ようやく自分を取り戻せた気分になれます。

なんですが、
これまでオドオドと過ごした経験しかないところへ
いきなり一国の主のような運が流れ込むため、
人によっては周囲に対しての扱いが
まるで憂さ晴らしのように粗雑になりやすいのです。

易でも良い時にはすでに悪い時が始まっていると観るように
追い風が吹けば次に向かい風がくるのが運というもの。

「良い時期に備えて悪い時期を腐らず過ごす」のは基本ですが、
実は「悪い時期に備えて良い時期を過ごす」ことも大切なのです。

しくじり先生という番組をみていても
売れていた時期に調子づいて
ブームが去るのと同時に仕事や人が離れていく…
というケースは非常に多いです。

人生を120年でみる四柱推命でも
運が良い時というのは、せいぜい5~10年。
長くても20~30年くらいでしょう。

それ以外の時期はそれ以外の運が巡っているわけです。
そこをどうやって平均値を上げていくか?というのは
やはり、普段の過ごし方以外にないのです。

時々やたら「感謝、感謝」と言っている人を見掛けますが
感謝のなさの裏返しのように感じます。

優しくするのにも、厳しいことをするのにも
真心を通して表現していくことが大切と思います。

 

高天麗舟

f:id:reishu-takama:20200314104649j:plain