書と占い「運」

書家・占い師 高天麗舟 が日常から考える「運」のあれこれ

占い師としての成功

私は昔から自己顕示欲が強いためか、

「テレビに出る占い師って、すごい♪」

と思っていました。そして、

「占いでテレビ出演って、ギャラは一体いくらなんだろうな~?」

とか、(笑)

「占い師として有名になるって、マスコミへの露出とかなんだろうな~」

などと、考えていました。

なんですが、書のお稽古に行くと、

いつも、当たり前のように、師が「世界」の話をしていて、

だからといって、

私の技術が世界レベルになったワケでもなんでもないのですが、(笑)

そのスケールに気持ちがすっかり慣れてしまいまして、

日本で顔が知れるとか、とても小さいことのように思えてきました。

そんな中、先日も

「○月○日に観ていただいた、□□です…」と、

報告を兼ねたお礼のメールをいただきまして、

飛び上がるほどに嬉しい気持ちになりました。

そして、改めて、自分の顔が売れるとか、有名になるとか、

占い師としての成功というのはそこではなく、

鑑定を受けたお客さんが、明るく、前を向いて生きていくことが、

占い師としての成功なんだと気づきました。

あれだけガッツいていた私が(笑)、自分でもビックリです。

私の仕事は地味なもので、

知り合いのイベントに出るか、紹介か、

たまたまホームページに辿りついてくださった方を観るか、

といったものですが、

縁あって出会った方が明るく生きてくだされば、

占い師として、これ以上うれしいことはございません。

あとは自然になるようになる。

「なるようになる」を信じられるようになって、今は安心しています。

…安心したので、今日はサインの練習をしました。(笑)

サイン高天麗舟

小筆はむずかしい。

でも、かならず後々必要になることだから。(笑)

 

高天麗舟