書と占い「運」

書家・占い師 高天麗舟 が日常から考える「運」のあれこれ

月盤吉方位、二泊の旅!(西南編)

西南に四緑木星が入る今月の盤に切り替わってから、 三碧木星の私は二泊で箱根一人旅に行ってきました。

ちなみに年盤には七赤金星が回座しており、 三碧木星にとっては凶とみなす流派もあるかもしれませんが 私はまったく気にしません。

3ヶ月ほど前にどこの宿にしようか考え始め、 今回はまず「いいな♪」と思う宿5か所を選んで その候補の宿から易で決めました。占ってみると…

・いいけどクレームを言いたくなる感じ ・初日部屋が汚くてイヤな思いをするが、後にヨシ ・サービス悪し ・トラブルがありそう

と続き、最後に占った宿が「巽為風 四爻」。 大きな利益を表す縁起の良い卦。

ちょっと込み入った話だけど、 四緑木星の方位で巽(ソン)というのがイイ感じだし、 上卦下卦同じで二泊するには良い卦だし、 もう最高じゃないの~♪ということで、この宿で決定。

出発の日盤も吉方位だったもんで、すごいの連発。

豆腐懐石を食べようと有形文化財でもある箱根暁亭へ。 建物は山縣有朋が100年以上前に建てた別荘を移築したもの。 こりゃ行かなくちゃ!ってことで到着したものの時刻は11:00。オープン30分前。早過ぎ(笑)。 寒いけど予約もしていないので30分待つ覚悟でお邪魔すると… 「どうぞお入りくださいませ~」 と中から神のようなお返事。

ということで、コチラ。

豆腐懐石の写真を撮るのをすっかり忘れ、気づけばデザート。 井戸茶碗に抹茶と美味しいケーキでした。完食♪

あ、四緑木星の象意でもある「長い食べもの」、 しっかり豆腐懐石の中にお蕎麦が入っていました。

そしてレンタカーを借り、グルグルとドライブした後、宿へ。 フロントでは本当に親切にしていただき、 ふやけるほど温泉に浸かりました。(笑)

夕食は宿のビュッフェにしたのですが、 私にカニアレルギーがあるのでスタッフに問い合わせたところ プレートにカニの絵があるメニューを避ければ大丈夫だと とても丁寧に説明してくださり、それ以外にも食事中、 「何か食事でお困りではありませんか?」 と声を掛けてくださいました。 おかげで心配することなくいただくことができました。 本当にありがたかったです。

四緑木星の方位と言えば長い一本道。狙ったわけではないけど、 2日目は100km近く足をのばし、三保の松原へ。 ついでに清水市でマグロを食べるぞ~!と企画。

御殿場インター手前。途中、富士山。

東名高速でもずーっと富士山の横を走っている感覚。 しあわせ~!

松原越しの富士山を撮りたかったけど構図が掴めず断念。 実物は浮世絵の世界でした。

帰りにちびまるこちゃん劇場のある建物でマグロをいただき、 夕陽に照らされる富士山を見ながら長い一本道を運転。 といっても、自宅に帰るわけではないのでお気楽。

2日目の夕飯も宿のビュッフェをいただきました。 ここでもスゴイ出来事がっ!

ビュッフェに美味しそうなちらし寿司が並んでいたのですが カニが入っていたので控えていたところ、 奥から小さな丼を持ったスタッフが私の席にいらっしゃり、 なんと!カニを抜いた特別なちらし寿司をわざわざ用意して 持ってきてくださったのです~!!

しかも、大好きな中トロたっぷり… 真面目にその心配りにウルウルきました。

朝のビュッフェでも「お客様、お客様!」と声を掛けられ、 VIPでもないのにナゼか窓際の一番良い席を案内していただいたり 何がなんだかサッパリわからないけど、 本当に贅沢な時間を送ることが出来ました。

「巽為風 四爻」、本当にスゴイ結果になりました。

西南の旅は家庭運アップということで、 夫には夜のお菓子うなぎパイ(笑)、 娘にはちびまるこちゃんのハンカチを買い、帰宅。

四緑木星は縁談の方位。 恋愛もそうですが、仕事もそう。早速効果を感じています。 (この話の続きはまた次回のブログで♪)

二泊でしたが、 来年の運を引き寄せるような本当に良い旅行でした。

 

高天麗舟