書と占い「運」

書家・占い師 高天麗舟 が日常から考える「運」のあれこれ

魂と芸術

9月開始の【実践のための手相講座】ですが、 大変たいっへん有り難いことに 現在3名の方から申込み希望いただいております。 精一杯頑張ります! (引き続き募集中、よろしくお願いいたします)

さて4月に入って、どういうワケか 火葬、土葬、散骨…という話題ばかり耳にしまして この年になって改めて 「肉体がなくなった後、魂はどうなるのか?」について このポカポカ陽気だというのに(笑)、考えてしまいました。

以前生まれ変わらないように。というブログを書きましたが 最近考えが変わったというか、改めて考えるのが 生まれ変わりはなさそうだな…ということです。

あと、子どもが親を選んでくる…という説も 障害児を授かった私としては大変慰められましたが、 よくよく考えるとちょっとムリがあるかなと。

輪廻転生や前世といわれているものも、 結局はこの世で人間が考えたり研究したりしたものだから 人間の想像の範囲内でしかなく、現世の領域を出てはいません。

人体についてさえもまだ解明されていないのだから あの世のことなんて誰にも結論は出せないんだろうなぁ~ と思う今日この頃です。

ただ人の縁など、偶然だけでは片づけられない この世の領域を超えた何かの存在があるのは感じます。 (これを信じていないと特に卜術は占えない)

そして、これも私の想像でしかないのですが 肉体と違って魂というのは、 焼いても埋めても撒いても終わりようがないような…

じゃ残された魂って、今生きている人のどの要素なのか? 恐らくあの世では地位も名誉もお金も欲も無用でしょうし… と考えると、 欲から解放され、あざとさも抜けた芯?核?質? とにかくいちばん純粋な部分でしょうか。

もし守護が存在するなら、 純粋にその人を支える存在かもしれません。

「あの世の魂」などと聞くと、 私などは勝手に崇高な存在だと想像してしまうのですが これも今まで見聞きして固まった観念かもしれず、 『人間-肉体=魂』:肉体がないだけの存在とすると 今の私の中にも存在するもので、 肉体がなくなった場合の魂は、欲はないけど崇高でもない 結構身近な存在のような気がしてきました。(笑)

師である野尻泰煌先生はいつも 「芸術というのは純粋感情を遊ばせるものだよ」 とおっしゃっているのですが、今回魂について考えてみて その言葉の本当の意味を理解できました。

書きたいものを書きたいままに 湧き出す感情に従って形づくるのみ。

といっても、 その“書きたいもの”に教養や技術が含まれているので 思いつきで書くのとはワケが違うのですが(笑)、

この純粋さがあるから、評論家や審査員の評価や 世間ウケなど意に介さず活動ができるのでしょう。

というか、そもそも人の眼を気にして作品を作っていたら 作家の魂でもある感動の元が伝わりません。

自分の“書きたいもの”が、より高いものとなるよう 日々を純粋に生きていきたいものです。

 

高天麗舟

今日は絵を描いてました。 さて、どうなることやら。