書と占い「運」

書家・占い師 高天麗舟 が日常から考える「運」のあれこれ

生まれ変わらないように。

食事をとる時間がなかったり、そんな時間を惜しんで作業をしたりと、自分でも何でこんなに時間に追われているような感覚があるのだろう?と、つい先日、自分の生活を思い返してみました。

時間の管理がヘタなんじゃなかろーかと疑ったのですが、よく考えてみたら、やっぱり単純にいろいろやり過ぎが原因かなと。(笑)

ただ、それにはそれなりの原因もあって、動きたくても動けない時期や、何かやりたくても何をやりたいのか掴めていない時期を過ごしてきた反動なのだと思いました。

書の先生が私の作品をみて喜ぶ姿が本当にうれしくて、そんなに喜んでくださるならもっと書くわよ♪となり、

占いの先生方には、私が少しでも世のために役に立ち、コイツに教えておいてよかった♪と思っていただけることを目標に学び続け、

また、必ず幸せにさせるわよ!と結婚した夫には、心をこめて時短料理を作り(笑)、

ナンダカンダあったけど今日も元気でいてくれる娘には、私の娘として生まれてきたことを精一杯もてなし、

そして何より、縁あって鑑定を受けてくださるみなさまに喜んでいただき…

その他モロモロ、やりたいことがあるだけで、やらなければならないことがあるだけで、今の私は心から幸せなわけです。

更に。どこまでできるのか知りたい部分もあって、やりたいことは今生きているうちにすべてやってしまいたいわけです。

それには多少の罪悪感が伴うこともあるかもしれないですけど、私は私の気持ちに正直にやりきりたいわけです。

もう、罪悪感を滅ぼす訓練なのかもしれません。

ワガママという言葉が褒め言葉にさえ聞こえてきます。(笑)

生まれ変わりがあるのなら、私は二度と生まれ変わりたくない♪

ただ、食事と睡眠は適度にとった方がよいと反省する今日この頃。

休める時は全力で休みたいと思います。(笑)

 

高天麗舟