『書と占い』

書家・占い師 の視点でみえた日常のあれこれ

手相の丘と体型の関係

以前もこんなことを書いたかもしれませんが、
我々が手相鑑定師が手相をみる時、何に注目しているかというと
シワや線はもちろんのこと、
「丘」というものにも注意してみているんです。

「丘」というのは、
「指先からキャッチしたエネルギーの貯蔵庫」
として考えられているもので、

下図ので囲んだあたりになります。
(図では指の下に〇がついてますが、正確には
 指と指の間に少しズレます)


それぞれ名称と意味がついています。


人さし指の下あたり/木星丘⇒野心・向上心・権力欲
中指下あたり        /土星丘⇒思慮・抑制・忍耐
薬指下あたり        /太陽丘⇒成功・人気・金運
小指下あたり        /水星丘⇒伝達・商才・言語
親指下あたり        /金星丘⇒愛情・健康・芸術性
小指側の手首付近/  月丘⇒想像力・神秘・霊感


つまり、上記のどこかがプックリ盛り上がっていれば、
その「丘」の意味を強めていると観るわけです。


ということで、
丘の肉付きが良いほど吉相ということになります。

え?太っている人の方がトクじゃないかって?


ある意味そうなのですが
ふくよかな体型の人は手のひら全体的にふくよかな傾向でして。


肝心なのは、丘ごとの「ハリ、弾力、メリハリ」です。

痩せている人でも
気力・体力があるタイプは、肉付きが良いです!!


いっぱい寝て、バランスよく食べて、
気力・体力つけておきましょうね!!