『書と占い』

書家・占い師 の視点でみえた日常のあれこれ

執念(笑)

自分が「無」になった瞬間というか、
この世にいないような感覚に陥ったことが
過去に二回だけあるんです。

・今から7年ほど前、奈良の薬師寺で写経をした時
・3年ほどまえ、バタフライを泳いでいた時

その時の感覚が、あまりにも気持ちよかったので、
わざわざ五反田にある薬師寺別院に行って写経をしてみたり、
泳いでみたりとやってみたのですが、
常に雑念でいっぱいで(笑)、幻の二回となりました。

でも、あの時の写経の気持ち良さが忘れられなくて、
いつか絶対書道を習いたいと思っていました。

突然ですが、私は、お友達のHちゃんの字が大好きで
たぶん、書道を習っていたんだろうなぁ~と思っていました。

案の定、経験者で美術館に展示されたりしていたそうです。

どんな先生に習っていたのかお話を聞くと、
一流の人にありがちな(笑)、独特の風変わりな様子でした。

もう一気に引き込まれ、その先生に習いたいぃ~~~!と
Hちゃんから話を聞いた後、2年くらいネットで検索しまくりました。

でも、現在も教室を開いているという情報はつかめませんでした。
 やっぱりエラい先生だろうから、
 多忙で個人指導はやめちゃったのかな…
と思いつつも、諦めきれない私は
先日もしつこくその先生のHPを覗いていました。

そしたら、今回初めて
ちーっちゃく書かれた『〇〇会 代表』という言葉を発見しまして
「むむ?」と、その〇〇会を検索すると、
なんと、その先生の書道教室・案内ページに辿り着けたのです!

ソッコー申し込んで、今日そのお返事がきました。

「まずは見学からどうぞ」

跳び上がるほどうれしいです。
しつこい女で本当によかった…(笑)

やっぱり立春が近くなると、様々なことが起こり始めます。