『書と占い』

書家・占い師 の視点でみえた日常のあれこれ

天の使いとして生きる

私は野心旺盛な人間で、
自力で運を開こうと動いて動いて動きまくってきました。

そうしていく中で「他力」という言葉に出会い、
それからいろんな気づきがありました。
今、ようやくそれらの気づきが繋がってきました。

そして、
「人間は、天の使いである」

という結論を迎えることができました。

「他力」というと、勘違いする人が多いのですが、決して、
人任せや、なげやりや、甘え、という話ではありません。

「他力」は、人間には想像つかないような大きな流れです。
人との出会いもそうですし、
タイミングよく物事が進んでいく過程もそうです。

ではどうやったら、その「大きな流れ」に
ゆらゆらと揺られ、心地よく流していただけるのでしょうか。

それが、
目の前の「やらざるを得ないもの」に真摯に取り組むこと
なのです。

ここでしっかり取り組まないのは、
流れを放棄しているようなものです。

だから、人任せや、なげやりや、甘えではないんです。

またこの期間に、「自分の本心に従う」ことも大切です。
違和を感じることは、潔くやめてしまいます。
惹かれるものがあったら、素直に動きます。

ここでやるだけやって、望みが叶わなかったとしても
執着しないことがまた重要です。

この「執着」こそが「我」であり、
「我」は、流れに逆らっているようなものです。

言葉は悪いですが、
所詮、人間は天の使いであり、
天が望む世にするために動かされている駒みたいなもの…
といった印象です。

そう聞くと、
「な~んだ、自分が望む人生は歩めないのか…」と
落ち込んでしまいそうになりますが、そうではなく
自分では想像すらできなかった、
人間の想像をはるかに超えたブッ飛ぶほど素晴らしい人生、
だったらどうしましょう?

では、天が望む世にするために、
天は、どういった人間を使おうとお思いになるのか?といったら
それが天にとって使い勝手のいい「我」のない人間
なのではないでしょうか。

何がなんでも望みを叶えてやる!!
という気迫は大事かもしれませんが、
残念ながら、自力だけでは限界がきてしまうんです。

自分の能力を信頼することは良いのですが、
「自力でやっている」という思いには落とし穴があって、
傲慢になったり、ミョ~に落ち込んだり、
人柄が悪くなりやすくなる傾向に陥ります。(笑)

これじゃ、天が使いたい人間から離れていくばかりです。

やらざるを得ないことをこなしていき、本心に素直に従って生きる。
やるだけやることが大事で、結果に執着はしない。
そうすることで角が取れ、天が好む人柄になる。
天好みになった人から順に大きな流れに組み込まれ、
想像もできなかったところに流れていく。

これが、2014年11月29日 現在の気づきのまとめです。