『書と占い』

書家・占い師 の視点でみえた日常のあれこれ

自分の真実

年明けから少し時間が経ちましたが、 みなさま今年もよろしくお願いします。

さて、大きくて分厚い「書と占い」の本が増えてきたので 思い切って本の整理を中心に自分の部屋の大掃除をしました。 …といっても今年に入ってからですが。

昔買った本のタイトルを改めて見てみると 建築やインテリアの本もありますが、 自己啓発とかスピリチュアルとか成功哲学とか、 そういったジャンルのものばかり。

今も嫌いではありませんが、しかしそれらの本を取り出すごとに 「もう必要ないわっ!」とアッサリ下す自分に驚き、そして 「あぁ~私、この段階を超えたのね。大人になったのね。」 と、自分のことながら感慨深くなりました。

やっぱり四柱推命や易、手相など、 占いを勉強をすればするほど人や人生を学べますし、 実際に人を占う仕事を通しての学びも非常に大きいです。

また、 「陰の中に陽、陽の中に陰」「陰極まって陽、陽極まって陰」 という易を通して学んだ太極の考え方や 書の作品に用いる老子道徳経の言葉、例えば 「作為したい欲望を抑えて自然のはたらきにまかせれば 天下はおのずと治まる」 といった古典との出会いは、 現代にまで残っているだけあって、とても助けになりました。

元々周りに流されないタイプでしたが、これらのおかげで私は より「自分の真実」で動ける人間になったんだなと思いました。

そう、こんな本もありました↓ 【もう、怒らない】

この本がどういった内容だったかは忘れてしまったのですが 実際、おこりん坊だった私があまり怒らなくなったのは、

「良いVS悪い」「正しいVS間違い」「好きVS嫌い」など そもそも「分ける」ことで怒りが始まることを知り、 「自分」と「他の人」は たとえ親子であっても違う人間だと理解できたからと思います。

そう気づいてからは、 相手が自分を理解できなくてもある意味当然で 怒りも落胆もさほど感じなくなりました。

ただ、自分や家族の存在を軽くみられるような場面では 普通の人以上に私は怒ります。 怒りは健全な感情、これは今も感じていることです。

肝心なのはその表し方。 何に対してどうして怒りを感じたのかを意見として伝えないと ただの怒り損で終わってしまいますし、(経験済。笑) 感情に任せて怒ってしまっては、困った人扱いされるだけで 話も聞いてもらえないし、建設的でないんです。

今年で48才、歳女。(次の戌年でなんと還暦!!)

これから還暦に向かう中で、(笑) 今度は「自分の真実」でブレないを通り越し頑固にならないよう (すでにこの傾向は自覚していますが、) 柔軟性を持って年を重ねていきたいと思います。

ともに充実した2018年を過ごしていきましょうねー。

 

高天麗舟